播州 秋祭り ちょうちん祭り

年中行事

  • HOME »
  • 年中行事

年中行事

新年祭 1月1日
紀元祭、祈年祭 2月11日
厄除開運祈願大祭 2月19日
武神祭 3月最終土曜日
招魂祭 4月22日
千燈祭 7月14日
秋季例祭(ちょうちん祭り) 10月21日、22日
七五三詣り 11月15日
新嘗祭 11月23日

新年祭(しんねんさい)

1月1日

gyoji_shinnen新しい年を迎えて、この1年間の家庭の無事や会社の事業繁栄、安全を祈り、そろって参拝して神様のお力をいただきましょう。

新年太鼓

御殿では、大太鼓を打ち鳴らし、新しい年の始まりを告げます。

除夜の鐘

境内の鐘つき堂では、参拝者による108つの鐘で、新しい年の始まりを告げます。

千本突き(せんぼんづき)

拝殿前では、敷村の小学生により、新しい年の始まりと共に、棒で板を突き割ります。
豪快な音とともに、新年を喜びます。この行事は魚吹の伝説、神功皇后伝説と相交わり、魚が群れをなして砂を吹き寄せて、土地が出来たと云い伝えられている。これは洋の東西を問わず語られる神話的方法で、魚は人とおきかえ、すなわち、多くの人々が、海を埋め埋めして開いていった、ことを形にしたものです。

お神酒の振舞い

ご参拝の後に、お神酒(おみき)が振舞われます。

授与品の授与

お正月の縁起物の授与品は、絵馬や破魔矢、土鈴、凧、福かき を揃えております。
厄除開運、家内安全、商売繁盛、学業成就、交通安全、必勝祈願、安産祈願、等、御札御守等を揃えております。

福みくじ

新年の運試しに、福みくじをどうぞ。(お正月三ケ日)

新年参拝

団体・企業の新年参拝ご祈祷を承ります。
また、ご家族の皆様がお集まりのお正月に、家内安全祈願、厄除等のご祈祷も承ります。

紀元祭、祈年祭(きげんさい・きねんさい)

2月11日

gyoji_kigen紀元祭は建国記念の日。国の始まりを祝い、国を愛する日です。
祈年祭は豊作を祈念する祭りです。

 

厄除開運祈願大祭(やくよけかいうんきがんさい)

2月19日

yakuyoke昔、注意を要する年を厄年とし神前にお参りして、この年の意義を心に刻み慎重な態度で生活していたことが今も引き継がれています。

※事前予約は出来せん。当日随時受付をしております。

ご祈祷 厄除け

お供えにお餅を

厄除祭では、初穂料とお餅一重ね(2段重ね)を受付でお納めてください。右上画像参考

お雑煮の接待

ご祈祷がお済になれらましたら、ご参拝の皆様にはお雑煮の接待をご用意しております。
ご家族皆様でどうぞ。

 

武神祭(ぶじんさい)

3月最終土曜日

神様が鬼に姿を変えて戦ったという当社に伝わる故事に由来したお祭で、
武神祭の鬼は『武神』という名のとおり、『鬼の姿をした人々を守る神様』です。

平成29年の武神祭は、当番村:糸井自治会です。

姫路市無形民俗重要文化財(平成十八年三月二十四日指定)

由来

天平宝字八年甲辰三月七日、支那福州の賊軍が、播磨国揖保郡福井庄家島に攻めてきたので、朝廷(47代淳仁天皇)は、播磨国の国司、太田庄住人冶部郷、藤原朝富臣貞国に討伐の命令を出された。これを受けた貞国は、当社(魚吹八幡神社)に詣で、勝利の祈願をして家島に向かい勝利する。
このおり、祈願は七日間行われた。これは、瑞垣の内に祭檀を設けて五色の和幣(にぎみてぐら)をたて、剣、弓、矢を飾り勝利を祈ったところ、最後の日に境内がゆり動き、巽(北西)方向から霊雲が起こり五色のに和幣が、五色の鬼となって南の敵船に向かった。(その後陰陽の鬼面が残っていたので、これを当神社の神宝とした。)
この時、大風が吹いて、賊船を七百三十二隻沈没させ、大いに勝利する。帝は喜ばれ、貞国に播磨五郡を与えられる。貞国は、祈願成就の礼として三千石を当社に奉納した。翌、天平神護元年春三月七日、この縁により初めて「鬼神祭」を行った。

大鏡餅奉納

大鏡餅の他、餅まきのお餅が奉納されます。
(写真は平成27年 丁(よろ))

神事

奉納演芸

子どもから大人まで楽しめる演芸が奉納されます。
DSC_0679

鬼の舞

大神舞(だいしんまい)という、桃色の装束の子どもの舞の後、
たいまつや鉾を持った鬼が5神現れ、御殿や御本殿での舞を行います。

餅まき

御殿、拝殿、渡り廊下より、餅まきを行います。

招魂祭(しょうこんさい)

4月22日

gyoji_shokon境内末社 招魂社例祭
お祀りされている、西南戦争より大東亜戦争の殉国者の御霊(1,500余柱)を慰めます。

千燈祭(せんとうさい)

7月14日

sentousai約千もの燈芯のともし火が幻想的な雰囲気にさせてくれます。
拝殿の前にある茅の輪(ちのわ)をくぐり、清らかな体となり、健康で過ごせるよう願います。

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりの際、唱える和歌があります。IMG_20160205_152341
「水無月(みなつき)の夏越(なごし)の祓いする人は、千歳の命延ぶというなり」
これを唱えながらくぐり抜けると、夏の疫病などから免れるといいます。

※唱える和歌・詞(ことば)は他にも地域、神社等で違いがございます。

 

特別拝観

御殿の中の拝観をしていただけます。IMG_20150714_201653
燈芯のともし火を間近にご覧いただけます。

 

秋季例祭(ちょうちん祭り)

10月21、22日

gyouji_akimatsuri播磨を代表するお祭りです。
神輿3基の渡御・還御、金幣、屋台18台、檀尻4台の練り出し、獅子檀尻1台の獅子舞奉納、楼門前でのちょうちん練り等が行われます。
平成19年3月に『兵庫県指定重要無形民俗文化財』の指定を受けました。

平成27年 魚吹八幡神社 秋季例祭 ページ

ちょうちん練り

cyochin_neri宵宮の夜、楼門前にて、7か村によるちょうちん練りが行われます。
竿の上についたちょうちんを練り合わせ、叩き合う、勇壮な姿をご覧ください。

屋台(やったい)

tsuichiba_kita魚吹の屋台の特徴は、その全体像の美しさです。
重厚な漆屋根に、細部までこだわった彫刻、隅絞りや伊達綱の豪華さ、
幕の刺繍も各町のこだわりの図柄を用いています。
「チョーサ」の掛け声と共に宙に浮く屋台。
重いはずの屋台が宙に浮き、そのギャップが見る人を魅了します。
乗り子は小学生の男子が勤め、力強い太鼓と声で、屋台を導きます。

檀尻(だんじり)

dannjiri檀尻は、重さ約3.5トン。小学生から大人まで力を合わせて曳きます。
綱を一気に引く姿、梃子(てこ)を使った方向転換など、その気迫に圧倒されます。
「檀尻流し」では、娘さんたちが太鼓、三味線、鉦、笛などを奏でながら、道中を盛り上げます。

獅子舞

shishimai朝日谷の獅子檀尻は、屋根にカラクリ細工が施されているのが特徴です。
屋根の上下高さ変動、90度旋回を可能とし、獅子舞奉納の際は、舞台袖の支えを出すことにより、広い舞台を作り出すことができます。
獅子舞の奉納は、昼宮のお旅所での奉納、神社御殿での還御式での奉納、
そして、境内では獅子檀尻の舞台で14種の舞、約3時間にわたる獅子舞の奉納をご覧いただけます。

七五三詣り(しちごさんまいり)

11月15日

gyouji_753数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で氏神さまに無事に成長できたことを感謝し、祈願する行事です。

新嘗祭(にいなめさい)

11月23日

gyoji_niname五穀豊穣の感謝とお礼のお祭りです。

TEL 079-272-0664 jinjya@usukihachiman.or.jp

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

夏の行事

直近のイベントはありません。

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 魚吹八幡神社 All Rights Reserved.