播州 秋祭り ちょうちん祭り

獅子檀尻・獅子舞

獅子檀尻・獅子舞

朝日谷の獅子檀尻は、カラクリ細工が施されているのが特徴です。
屋根の上下高さ変動、90度旋回を可能とし、獅子舞奉納の際は、舞台袖の支えを出すことにより、広い舞台を作り出すことができます。
獅子舞の奉納は、昼宮のお旅所での奉納、神社御殿での還御式での奉納、
そして、境内では獅子檀尻の舞台で14種類の舞を、約3時間にわたる獅子舞の奉納をご覧いただけます。

朝日谷

asahidani_miyairi asahidani_miyade

朝日谷は元来、屋台村でしたが、昭和3年『津の宮・魚吹八幡神社1600年祭』の年に、揖保郡竹広村より、14種類の獅子舞を伝授し宮入して以来、秋季例祭に獅子舞を奉納しています。 今年も、9月より連日公民館で練習を行い、本日の宮入に備えてきました。
獅子の舞は、18歳から30歳の若衆『獅子舞会』が中心となり、獅子の 周囲を小学生の『綾子』が華やかな衣装を身に着けて、可憐に舞うのが特徴です。

現在の『獅子檀尻』は、平成9年に新調され、横幅2.3m、長さ4.5m、高さ4m、総重量4.5t、檀尻本体は、総欅造りで、屋根は木曽檜造り、高欄は牡丹の彫り物、破風には飛龍の彫り物がそれぞれ施されています。
又、本体に巻いてある西陣幕の正面は獅子と牡丹の刺繍、側面には龍の刺繍が施されています。

又、この檀尻には、2つのカラクリ細工が施されているのが特徴です。
1つ目は、楼門をくぐる為に、屋根部分を柱ごと、上下させる事が出来る仕掛けです。
2つ目は、獅子舞奉納の為に、屋根部分が90度旋回する事が出来、また、舞台の袖を支える舞台受け部分が、本体より出し入れできる仕掛けです。
素朴で単調ながら、朝日谷の伝統として、連綿と受け継がれてきた、『朝日谷の獅子』をこれからも絶やす事なく、受け継いで参ります。

shishimai2 shishimai3

TEL 079-272-0664

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

秋の行事

11月
1
全日 七五三詣り @ 魚吹八幡神社
七五三詣り @ 魚吹八幡神社
11月 1 – 11月 30 全日
七五三詣り @ 魚吹八幡神社 | 姫路市 | 兵庫県 | 日本
七五三詣り 従来七五三詣では男の子が3歳・5歳、女の子が3歳・7歳になると、氏神様に参拝して、無事な成長を感謝し、将来の幸せを祈るの行事です。 元々は江戸末期の宮家、公家、武家の風習に由来し、 昔は3歳になるとそれまで剃っていた髪を長く伸ばし始める『髪置きの儀』を行って「白髪の生えるまで長寿であるように」と願い、 5歳になると、男児は初めて袴をつける『袴着の儀』で天下をとる事を願い、 7歳では女児が始めて本裁ちの大人の着物を着て帯を締める『帯解きの儀』と云はれるお祝いをして、一人前になった姿を披露したと云われます。 ★地域の風習により違いがございますので、5歳の女の子、7歳の男の子でもご参拝頂いても差し支えございません。 当神社では11月中は受付致しております。お子様の健やかな御発育と御健康とを御祈願致しますので、ご近所のお友達をお誘いあわせの上ご参拝下さい。 おさがりはお守り、千歳飴は勿論の事、他に記念メダル、神様のお話絵本玩具、風船等ご用意致しております! 家族揃って皆様のご参拝お待ちしております。 平成29年の七五三詣、対象となるお子様は、以下の生まれの方たちです。(数え年) 三歳 男の子・女の子(平成27年生) 五歳 男の子    (平成25年生) 七歳 女の子    (平成23年生) 年中行事 七五三詣り
  • facebook
  • twitter
  • facebook
  • twitter


PAGETOP
Copyright © 魚吹八幡神社 All Rights Reserved.