播州 秋祭り ちょうちん祭り

ご祭神・由緒

ご祭神

魚吹八幡神社 ご本殿 品陀和氣命(ほんだわけのみこと)(応神天皇)・息長足比賣命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后(じんぐうこうごう))・玉依比賣命(たまよりひめのみこと)

品陀和氣命(ほんだわけのみこと)

(応神天皇(おうじんてんのう))

息長足比賣命(おきながたらしひめのみこと)

(神功皇后(じんぐうこうごう))

玉依比賣命(たまよりひめのみこと)

由緒

神功功后(じんぐうこうごう)摂政(せっしょう)三年(二〇二年)大陸交渉の際、御鑑を当宇須伎津(うすきつ)に御滞泊あらせられた際、皇后信託(神様のお告げ)をお受けになりこの宇須伎津の浄地を開き、一小社を建立し、玉依比賣命(神武天皇の御母、海の神様)をお祀りし、敷嶋宮(しきしまぐう)と号した。
これが当社創建の起源であります。

後に十六代仁徳天皇七年(三一九年)八月、天皇霊夢を御覧になり、御父応神天皇御祖母神功皇后を当宇須伎津に祀るべし、と仰せになり、紀角宿禰を遣い三神を合せ祀られ、この地にお鎮まりになりました。
ここに当地方開闢(かいびゃく)の産土神として、祭祀信仰が今日まで、脈々と受け継ぎ生き続けていることは御神威の千古にわたる輝きを知ることができる。

御神徳

全国八万神社のうち、八幡の神は約二万五千を数え、神明社(しんめいしゃ)(お伊勢様)、稲荷社と並んで代表的な神社とされている。
その根本を九州宇佐八幡宮とし、奈良時代には、早くも皇室の厚い信仰を得た。
後、平安時代には京都石清水八幡宮が勧請された。特に両宮にあっては歴代皇室の崇敬厚く伊勢の神宮に次ぐ、我國第二の宗廟(そうびょう)として、御神徳が与えられた。当社も、中世においては、石清水八幡宮別宮の一つと数えられた。

応神天皇、神功皇后は共に、大陸交渉に伴って、大陸の様々な文化、技術を輸入し、古代にあって、日本の文化の飛躍的な興隆をはかられた。更には、神功皇后は、仲哀天皇崩じて後、六十九年間にわたり、摂政として、御子応神天皇を輔(たす)けられ、百歳まで生きられたと伝えられている。このことから、延命長寿の神、ひいては、厄除開運の神として信仰され、交通安全の神とも仰がれている。

神功皇后は、応神天皇の御母で両神の関係は、母と子となり、日本の古い信仰に、聖母信仰(自分の替りとして、御子をこの世に下される信仰)があり、母が子供を抱きかかえ、慈愛を以ってこれをはぐくみ、育てる大愛お本願とされている。このことから安産子育ての神としても信仰が厚い。

神話と伝説

魚吹(うすき)の由来について、播磨國(はりまのくに)風土記(ふどき)には宇須伎津と見え、本来、当地方は海べりの砂堆積地であった。
神功皇后伝説と相交わり、魚が群れをなして砂を吹き寄せて、土地が出来たと云い伝えられている。
これは洋の東西を問わず語られる神話的方法で、魚は人とおきかえ、すなわち、多くの人々が、海を埋め埋めして開いていったと解するが自然であって、後生永く伝えるため、魚吹伝説として今日まで云ひ伝えられた。
又、網干(あぼし)の地名も、当社祭礼に、漁民が一斉に、休漁して網を干して参詣したので網干と云うようになったと伝えられている。

TEL 079-272-0664

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

冬の行事

2月
19
00:00 2月19日 厄除大祭
2月19日 厄除大祭
2月 19 @ 00:00 – 19:00
2月19日 厄除大祭 @ 姫路市 | 兵庫県 | 日本
  魚吹八幡神社 厄除開運祈願大祭(厄除大祭)(やくよけたいさい) 2月19日 午前0時 ~ 午後7時ごろ 午前0時ごろは非常に混雑いたしますので、状況により、執行時間を早めることもありますので、ご承知おきください。 厄除祈願をはじめ、家内安全祈願等もご奉仕いたしております。   平成30年厄年の方(生まれ年、数え年齢) 拝殿に受付がございます。 受付用紙には、ご住所、ご氏名、年齢(かぞえ年)をご記入いただきます。 ご祈祷料(7,000円) と お供え(餅一重)を一緒に、受付にお申込みください。 事前予約はお受けできません。お越しいただいた順に受付・祈祷をいたします。 受付番号順にご案内いたします。 ご祈祷の後、お名前をお呼びいたします。 お供えいただきましたお餅一重の、上のお餅をお下がりとし、お札と一緒にお渡しします。 ご祈祷の後、直会所(なおらいじょ)にて、お雑煮をお召し上がりください。  

春の行事

3月
24
全日 3月24日 武神祭
3月24日 武神祭
3月 24 全日
3月24日 武神祭
武神祭(ぶじんさい) 天平宝字八年甲辰三月七日、支那福州の賊軍が、播磨国揖保郡福井庄家島に攻めてきたので、朝廷(47代淳仁天皇)は、播磨国の国司、太田庄住人冶部郷、藤原朝富臣貞国に討伐の命令を出された。これを受けた貞国は、当社(魚吹八幡神社)に詣で、勝利の祈願をして家島に向かい勝利する。   このおり、祈願は七日間行われた。 これは、瑞垣の内に祭壇を設けて五色の和幣(にぎみてぐら)をたて、剣、弓、矢を飾り勝利を祈ったところ、最後の日に境内がゆり動き、巽(北西)方向から霊雲が起こり五色のに和幣が、五色の鬼となって南の敵船に向かった。(その後陰陽の鬼面が残っていたので、これを当神社の神宝とした。) この時、大風が吹いて、賊船を七百三十二隻沈没させ、大いに勝利する。帝は喜ばれ、貞国に播磨五郡を与えられる。 貞国は、祈願成就の礼として三千石を当社に奉納した。 翌、天平神護元年春三月七日、この縁により初めて「鬼神祭」を行った。 と神様が鬼に姿を変えて戦ったという当社に伝わる故事に由来したお祭で、 武神祭の鬼は『武神』という名のとおり、『鬼の姿をした人々を守る神様』です。   姫路市無形民俗重要文化財(平成十八年三月二十四日指定) 平成30年は、駅前自治会 。平成30年3月24日(土) 秋祭りでは「和久・駅前自治会」として参加されていますが、 初めて平成30年武神祭にて単独「駅前自治会」として参加されます。 駅前とは、JR網干駅の駅周辺の地域です。 駅前自治会の皆さん、よろしくお願いいたします。 平成30年3月24日(土)は、ぜひ魚吹八幡神社の武神祭にお越しください。  (雨天の場合 25日(日)順延 ) 大鏡餅奉納 11:00頃 大鏡餅の他、餅まきのお餅が奉納されます。 (写真は平成29年 糸井) 神事 11:30 奉納演芸  12:30~ 子どもから大人まで楽しめる演芸が奉納されます。 鬼の舞 15:00~ 大神舞という、桃色の装束の子どもの舞の後、 たいまつや鉾を持った鬼が5神現れ、御殿や御本殿での舞を行います。 餅まき 15:30~ 御殿、拝殿、渡り廊下より、餅まきを行います。
  • facebook
  • twitter
  • facebook
  • twitter


PAGETOP
Copyright © 魚吹八幡神社 All Rights Reserved.