7月14日 千燈祭(せんとうさい)が執り行われました。

 

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりの際、唱える和歌があります。

「水無月(みなつき)の夏越(なごし)の祓いする人は、千歳の命延ぶというなり」
これを唱えながらくぐり抜けると、夏の疫病などから免れるといいます。

※唱える和歌・詞(ことば)は他にも地域、神社等で違いがございます。

 

千燈祭、特別拝観の様子です。

燈芯のともし火を間近にご覧いただきました。
燈芯をかわらけの外に少し引き出す作業、火を灯す作業を体験いただきました。

中は風が通らないように障子を閉めておりますので、みなさん想像以上の暑さに驚かれておりました。

「燈芯」と「なたね油」で、火を灯す。
現代の生活ではなかなか体験できないことかと思います。